T@K@ Photoshop&Illustrator

IKI_Art_Illustrator

今回は IKI氏の作品をトレースしてみました・・・。

IKI氏は、先日の結婚披露宴のウェルカムボードを制作され、
めちゃくちゃArtとサーフィンが大好きなMenです・・・。

そのIKI氏の作品をillustratorでトレースしちゃいました。

IKI氏の作品は凄く、トレースがしやすく練習にもなるよ・・・。


Iki_art

トレースはこんな感じです・・・。


20120712_134239


これからも、良い作品を手がけて下さい・・・・。


illustorator/Photoshopは基礎くらいなら、伝授しますので・・・。

|

Break-dance_Photoshop

またまたPhotoshopでPOPを作成・・・。

今回はと言いますと・・・

Break-danceのPhotoを使いかっこいいPOPを作りたいと
思い、カラフルなイメージで制作。

出来上がりはと言うと。。。

20120502_220531

まずは新規で・・・

1024px 768pxの背景を作成。


20120502_221241

グラデーションオーバーレイで背景色を
変更する。グラーデーションカラーは好きな感じで
いいと思うよ・・・。
僕はこんな風にしました。

20120502_210637

今回のメインになるPhotoを開く
20120502_210812

選択ツールでダンサーを選択
20120502_210956

境界線をかけながらレイヤーをコピーする
Mac(command+J)
20120502_211040

背景にペースとする
20120502_211133

フィルター➡ノイズ➡ノイズを加えるを選択。
内容は以下の通り。
20120502_211249

選択ツールで楕円ツールを選択。
ダンサーを正円で囲み、ぼかし28pxにする。
20120502_211446

レイヤー1の上に新フォルダーを作成してフォルダー名を
人物にする。
描画モードを覆い焼きカラーにする。
人物のフォルダーにレイヤー1をドラッグして
入れる。

20120502_211503

レイヤー1が楕円選択ツールで選択されている状態で
人物フォルダーのレイヤーを選択し、マスクを追加する。

20120502_211511

レイヤー効果で光彩(外側)にチェックを入れ
下記のように設定。
20120502_211633

こんな感じになりましたか・・・?
20120502_211657

Mac(cmmand+J)でコピーする。
レイヤー1の下にコピーレイヤーを移動
20120502_211741

ぼかし➡ぼかし移動を選択。
20120502_211808


20120502_211817

背景レイヤーの上に新規レイヤーを作成。
20120502_211841

描画色を#ffffffにして、フィルター➡描画➡雲模様1を
選択。
20120502_211921

描画モードを覆い焼きカラーにする。
20120502_211946

背景レイヤーの上に新たに新規レイヤーを作成。
レイヤー名をファイバーにする。
編集➡塗りつぶし➡白を選択して塗りつぶす。
フィルター➡描画➡ファイバーを選択。

20120502_212042

20120502_212052


フィルター➡ぼかし➡ぼかし移動

20120502_212125

Mac(command+A)で選択して回転させる。

20120502_212135

なげなわツールで以下のように選択する


20120502_212247

マスクを追加する
20120502_212258


20120502_212305

グラデーションを追加する。
20120502_212348


20120502_212521

ブラシツールを選択して下記のようにする。
20120502_215354


20120502_215535


20120502_215545

ライトのフォルダー作成して、その中に
新規レイヤーを作成
20120502_215626


20120502_215658

ブラシツールで描く
20120502_215735

スターのブラシも事前にダウンロードして
描く。
20120502_220328

最後にテキストを入力すれば完成。
20120502_220531_2


続きを読む "Break-dance_Photoshop"

|

Stencil Text _Photoshop

今日はお休みだー・・・・。

久しぶりに、Photoshopがしたくなり感が鈍らない
ように練習をしてみました。

今回は、Stencil Text を作成。

どんな感じに仕上げるかと言うと・・・
こんな感じでーす・・・。
20120502_153300

この写真は普段見かける横断歩道の白と黒のストライプですよね。

それにStencil Text を組み合わせて、白のストライプと同じ風に
ロゴをアスファルトに描いてみました。

まずは、任意の場所にテキスト入力をしましょう。
20120502_153104

こんな感じです。
20120502_153123

テキストスタイルで好きなテキストをチョイス

僕はこれでいきまーす。
20120502_153138

次に自由変形でテキストの角度を調整します。
そのテキストレイヤーを右クリックしてテキストを
ラスタライズする。

20120502_153158

編集➡自由変形➡ワープ等でテキストを編集

20120502_153224


続きを読む "Stencil Text _Photoshop"

|

Starry Night" of Vincent Van Gogh_Touch

今年5月に日本でも公開予定の映画
ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)と言う映画の
POPが「Starry Night" of Vincent Van Gogh_Touch」で
不思議な雰囲気だったので、自分の写真も編集してみました。

Midnightinparis_large


Simg_3146


第64回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)の
オープニング作品として上映されたウディ・アレン
(Woody Allen)監督作品です。

ミッドナイト・イン・パリ

|

Favorites photo

久しぶりに写真の整理をしていたら、懐かしい写真が出てきたので、補正をしてみました。

ザ・ヴェネツィアって感じが撮りたかったので、船の上からcamera
Th_img_2

こちらは、リアルト橋からの風景写真です。
ホテルの目の前にあったので、夕暮れ時を狙った写真です。
Th_img_1

色相・彩度等を変える事で、写真が締まりますね。

過去の写真を、色々と補正をする事で違った風景に見えるので、これからもやってみようと考えてますscissorsカッシャshineshine

| | コメント (0)

Woody_Illustrator_Gradation mesh

以前、Photoshopで使用したWoodyをIllustratorで
Gradation meshにしてみました・・・・。

Large_2322720389

意外と時間がかかりましたね・・・。
人物は特に肌の感覚が難しいです・・・coldsweats01
Photo

選択するとメッシュがのラインがよくわかります。
20120212_185515

command+Yでアウトラインだけで表示。
20120212_185535

なんとなく、Gradation mesh の感が戻ってきました。

ソフトは触らないと、細かい所の作成が出来なくなりますからね・・・。

もっともっと極めたいですね・・・bleah

背景を少しコミックアート風にして見ました。
Photo


| | コメント (0)

iCloud Style

唐突ですが、MacのiConってデザインがイケてますよね・・・good

特にiCloudが出てからのアルミのiConがシンプルでいいです。

そんなiConを作成したいと考え、チャレンジしてみました。

Photoshopじゃないとあのアルミ感はでないですね。。。

実際のiCloud iConはこれです。
20120210_151802

如何にこれに近づくかですね。。。

まず、最初にW:1000px × H:1000pxのアートボードを作成。

そこに角丸長方形ツールを選択して、描画色を#b4b4b4で
塗りつぶします。
20120210_143904

レイヤーをラスタライズして
20120210_144554

レイヤースタイルのベベルとエンボス効果を適用。
20120210_145001


グラデーションオーバーレイを適応
20120210_145256

こんな感じに仕上がります。
20120210_145317

新規レイヤーを作成して、塗りつぶしをする。
描画色は#b4b4b4
20120210_145837

次に、ノイズを加えぼかし(放射状)を追加して
色調補正➡トーンカーブをダークよりにする。
20120210_150945

マスクを適用して型抜きをする。
20120210_150957

描画モードをオーバーレイにすると
⬇のようになる。
それらしくなってきましたね・・・happy01
20120210_151324

Illustratorで事前に作成して置いたCloudマークを
開き、ペーストする。
Icloud_icon


20120210_151843

Cloudも同様にグラデーションオーバーレイで
調整して色合いを整える。
ベベルとエンボスで位置を下にして・・・
20120210_151901

完成です。
20120210_152527


|

iPod shuffle_Illustrator_Gradation mesh

以前、Illustratorでグラデーション・メッシュの
練習をしていたんですが、久々にメッシュを使うと
感覚が鈍っていましたね・・・。

コンスタンスにしないと、それは忘れたり鈍りますよね・・・。


前は簡単な画像や絵にグラデーション・メッシュを
使用していたのですが、今回は少しレベルを上げて
これに挑戦しました。


iPod shuffleです・・・。(旧バージョン)delicious

Ipod_shuffle

ではでは早速・・・Illustratorを起動、
ファイル➡新規でアートボード作成。
今回はA4の横で作成しました。

まずはイヤホンにメッシュ
メッシュも長方形ツールから「グラデーションメッシュを
作成」
を選択して曲線に合わせて変形させていく、
地道な作業ですがこれをすることで通常のグラデーションより
細かくメッシュを入れる事が出来るんですhappy01

20120208_221852

イヤホンのTOPも同様に・・・。
長方形ツールでメッシュは行数・列数を
2×2で設定すると、田の格子が出来るのでそれをダイレクト
選択ツールで変形させていく。
20120208_221908

イヤホンの根元はペンツールでトレースして
線形のグラデーションを使用。
20120208_222033

コードは長方形にグラデーションメッシュを作成し
変形させる。
20120208_222123

イヤホンの穴は楕円形ツールでグラデーションを
使用。
影を意識してグラデーションを入れよ・・・。
20120208_222152

レイヤーパネルを見ると、こんなにも
レイヤーが増えます。
気の遠くなるような作業でしょう・・coldsweats02
レイヤー数も増えるので、グループ分けするといいですよsign01

20120208_222208

本体も長方形ツールでメッシュ作成して変形させる。
左側に光があたるのでそれも考え、メッシュを追加しよう。
20120209_130127

本体サイド部分も長方形ツールを変形させる。
直線と曲線があるのでうまくコーナーを合わせて
下絵に合わせましょう。
20120208_222439


20120208_222453

イヤホンジャックの穴もこんな感じで。。。
20120208_222519

ジョグダイヤルは楕円形ツールで変形させて
その上から長方形ツールでグラデーションメッシュを
作成し、変形させる。
少しテクニックが必要です・・・・sweat01

20120208_222542


20120208_222645

もう一つのイヤホンも・・・。
20120208_222726

ここまでくれば、略完成に近づいてきますよ・・。
20120208_222828

イヤホンメッシュ的な感じに、グラデーションと
透明度を少し加え・・・。
20120208_222846

20120209_213400

20120208_222918

後は、仕上げに影などを入れると更に
立体感が出てきます。
これで完成です。coldsweats01
それっぽく見えますか・・・・sign02

Ipad_nano_2

アウトラインで見るとこんな感じです・・・。
メッシュラインがよく分かります・・。
20120208_224739

疲れましたね・・・・bleah

でも、これどうやったらメッシュが作れるの・・・?
って思いますよね・・・・。


イヤホンの部分で説明すると、長方形ツールで
長方形を描く。
描画色は塗りも線も無しで・・・・。

20120208_230712

オブジェクト➡グラデーションメッシュを作成を選択。
20120208_230745

設定は以下の通り。
20120208_230804

こんな感じに格子が出来る。
20120208_230830

格子の角度をある程度調整しておくと
後が楽になります。
20120208_230920

ダイレクト選択ツールで一つ一つ
アンカーポイントを変形させていく。
20120208_230937


20120208_230956

地味な作業がこれで分かって頂けるかも・・・。
20120208_231006

後の箇所も地道に変形させていくんですが、
ここで回転ツールとか使えると、かなり
楽に作業出来ますよ・・・。
20120208_231049

こんな感じで回転・・・・。
20120208_231118

端も同じようにアンカーポイントを移動させ、
変形させる。
20120208_231148

下絵の曲線に合わせてラインをつけましょう。
20120208_231228

こんな感じです。
20120208_231304

後はメッシュツールでメッシュを増やし、
グラデーションが入れやすいように用意するんです。
20120208_231401

どうですか・・・・?

イヤホンだけでもこんなにメッシュを入れるんですよhappy02

チャレンジしてみて下さい・・・・。


|

carry out main -- a picture_Toy Story

Toy Storyのウッディを使ってのおもしろ画像を
制作・・。

元画像はこれです・・・。
Large_2322720389

写真の一部が飛び出していくような画像に挑戦。

Photoshopを開き、ウッディの画像を開きます。
背景レイヤーをダブルクリックしてレイヤー0に
変更する。

新規レイヤーを追加(レイヤー1)


20120207_220903


レイヤー1をレイヤー0の下に移動。
20120207_221056

レイヤー1を選択した状態で、レイヤースタイル・
ダイアログを開き、パターンオーバーレイを選択。

設定は以下の通りです。
パターンは▶をクリックしてパターン2を選択して
格子状のパターンを選択する。
20120207_221310

レイヤー1に塗りつぶしツールでBKに
塗りつぶす。
20120207_221624

レイヤー0を選択。
描画モードを乗算にする。
20120207_221829

そうすると⬇のように格子が
現れます。
Th__20120207_221817

長方形選択ツールで格子の升目にそって
選択していきます。
20120207_222616

こんな感じにできましたか・・・?
選択場所はどこでもいいです・・。

20120207_222528

選択したら、Mac(command+J)Win(control+J)で
複製をします。(レイヤー2)
20120207_222813

下のレイヤーを非表示にするとよく
分かります。
20120207_222822

レイヤー2も更に複製しましょう。
20120207_223303

レイヤー2のコピーを選択して、サイドに
移動させます。
20120207_223427

それにレイヤースタイルでベベルとエンボスに
チェックをいれ下記のような設定にする。
レイヤー2も同様にする。
20120207_223831


レイヤー2を選択してサムネイルレイヤーを
Mac(command+click)して選択状態にする。
20120207_224821


色相・彩度を選択して明度を暗くする。
20120207_224844

20120207_224837

レイヤーコピー2を選択して編集➡
変形➡自由に・・・を選択して傾き
を入れる。


20120207_225331

レイヤー2のコピー2を更に複製して、
フィルター➡ぼかし➡ぼかし(放射状)を
選択。
下記のように設定。

レイヤー2ものコピーも同様に設定。
放射状の量は20にする。
20120207_225923

ぼかしが終われば選択ツールでファイル
メニュー➡変形➡遠近法を選択して
⬇のように変形させる。

20120207_230826


続きを読む "carry out main -- a picture_Toy Story"

|

Illustrator_basic_Layer

Illustrator_basic第三弾・・・。

今日はLayerについてです。。。

20120203_142042

1.で関係ないレイヤーをロックしておくと、間違ってパスを
選択することもなくなるので、能率が上がります。

2.で関係ないレイヤーの表示を切っておくと、レイヤー単位で
パスを隠せるので画面が見やすくなります。特にパスが多い
レイヤーを隠すと画面の表示が速くなるので、ストレスが軽減
されます。また、[command]キー(Mac)/[Ctrl]キー(Win)を
押しながら切り替えると、そのレイヤーだけ画面表示
(プレビューかアウトラインか)を切り替えることができます。

パスを選択すると3.の部分に四角いマークが現れます。
これは選択したパスがどのレイヤーに含まれているかを示すものです。
複数のレイヤーにあるパスをまとめて選ぶと、マークが各レイヤーに
表示されます。

この四角を他のレイヤーにドラッグすると、選択していたパスが
そのレイヤーに移動します。レイヤーが変わるだけでパスの
位置はそのままです。
ドラッグするときに[option]キー(Mac)/[Alt]キー(Win)を
押していると、選択していたパスが別のレイヤーの全く同じ
位置に複製されます。

レイヤーは重なる事をいいますが、図形やペンツールや
文字等をキャンバスに描いた順に下から順に上へ新しい
レイヤーが重なっていきます。

勿論、順番を入れ替える事も簡単に出来ます。


2

レイヤー数を増やすとデメリットも出てきます。
それを解消する為にグループにまとめたりして
自分が使いやすいようにしましょう。

|