« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

Simpsonize

アメリカのアニメで有名なシンプソンズ・ファミリー。。

イラストレーターMeowza Katz氏制作の
シンプソンズのキャラを名画の主人公に
置き換えたユーモラスなイラストアート作品です。

いずれもAviaryというオンラインの画像
エディタで作成されたそうです。

ムンクの叫び
05_2

これなんかレオナルド・ダビンチですよね・・・。
10_2


09_1


06_2

ゴッホ風・・。
07_2


08_2

キャラクターを殺さず、且つこれはと思う作品に
仕上げるところが上手いですね・・・。

|

AirPano

AirPano.comで公開している、世界の名所の
数々を高解像度の360度のパノラマ画像を使って
バーチャルツアーが楽しめるというサイトです。
01_1

パノラマはマウスでズ-ム/パンが自在にでき、
いくつかのビューポイントを切り替えながら
楽しむことが可能です。


02_1


03


04


06_1


07_1


08_1


続きを読む "AirPano"

|

katsuandkatsu

今日は、半日ネット関連で時間をつぶしてしまいましたcoldsweats02

昼から夕方にかけて大変でした・・・。

晩ご飯に、家族で久しぶりに外食をしました。

かつアンドかつに・・・。

ここのかつはかなりオススメです。。。
サクサクのジューシーなお肉で、ご飯・みそ汁
キャベツのお変わりは自由ですhappy02

僕は海老フライロースかつ善にしました。
Img_1538

最後に、甘味スイーツを頂きました。
Img_1541

お腹が満腹・・・。

美味しかったですup

ごちそうさまでした・・・。

|

wearableplanter

12_1


実際にEtsyサイトにて販売されている
『A Wearable Planter(身につけられるプランター)』
と名付けられたユニークなプランターです。

生きた植物を生きた状態で身につけるという
画期的なデザインとアイディアですね。。。。


13_1


10_1


11_1


14_1


15

簡単おしゃれな感じがいいですね・・・。

|

The City of Samba

The City of Samba from Jarbas Agnelli on Vimeo.

このビデオを見て、おもちゃに見えませんでした・・・。
ブラジルのリオで開催されているサンバカーニバルを
Tilt-Shift動画で撮影されているのです。

数年前からTime-Lapse動画と
並んでよく目にすることが多くなりました。

Tilt-Shift動画ではあえてスピードを早回しに
することで機械仕掛けのおもちゃのような動きに
見せようとするのが常套手段ですが、
それがただでさえ現実離れした演出効果や出し物を
見せるサンバカーニバルを、とんでもなくおかしな
世界にしてしまっているところが見ていてとても
面白い作品ですね・・・。

|

Plum

今日は非常に暖かくいい天気でしたね・・・。

近くの緑地公園で梅の花が咲いていないかなーと思い
カメラを持って散策に・・・。

梅はまだまだ二分咲きとでしたね・・・。
Th_img_6310


Th_img_6317


Th_img_6325


Th_img_6333

この天気なので、もうお花見をしている方達もいましたよ・・。

本当に気持ちのいい一日でした。

さあ、明日は知人の結婚式パーティーのカメラマンを
頼まれましたので、頑張って写真を撮ってきまーす。。。camera

|

Congratulation

昨日は、みんなでお祝いをしました・・・。

ケーキもロールケーキを買ってきて頂きました。。。
2種類も・・・・
Img_1535

そしてイチゴも・・・・
一粒100円はする大きなイチゴでした・・・。
有難う御座いました。
Img_1536


Img_1534


Img_1532

久しぶりに体を動かす事もでき、今日は筋肉痛ですhappy02


|

Willard Wigan Miniature Gallery

小学生の時に家庭科の授業で針を使った事がありましたね・・。
その針を使ってのアート作品を紹介します。

縫い物の紹介ではないですよ・・・coldsweats01

Willard Wigan氏は針の穴の中などに極小の
ミニチュアを造るアーティストです・・・。

こういった工芸品のたぐいは昔からありますが、
対象となるキャラクターがポップなところが
いかにも現代的と言えますね・・・。

スターウォーズ
17_1

ハリーポッター
09_1


02_1

グラミートロフィー
04

ザ・シンプソンズ
05_1

ダヴィンチの最後の晩餐
06_1

マリリンモンロー
03

不思議な国のアリス
08_1


電子顕微鏡を使って制作している様子が下のビデオから覗えます。

針に糸を通すのではなく、そこに作品を作るんでうから
凄い根気と集中力がいりますね・・・happy02

|

Face On1

料理の写真や料理の印象をよく見せるには、
皿に料理を盛りつけるときが大事ですよね・・・。

そんな皿に人の輪郭が元からデザインされた皿に
料理を盛りつけるとこんな感じに仕上がりますといった
写真です。。。
20

料理と言うより、素材の盛りつけですね・・・。

デザイナーBoguslaw Sliwinski氏がデザインされた
『FaceOn1』というタイトルの料理プレート。
一つのお皿で乗せる料理と乗せ方によって様々な
バリエーションが楽しめるという点が特徴ですね。


21_1


22_1


23


24


25


26


27


28


29_1


30_1


31


32


続きを読む "Face On1"

| | コメント (0)

Starry Night" of Vincent Van Gogh_Touch

今年5月に日本でも公開予定の映画
ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)と言う映画の
POPが「Starry Night" of Vincent Van Gogh_Touch」で
不思議な雰囲気だったので、自分の写真も編集してみました。

Midnightinparis_large


Simg_3146


第64回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)の
オープニング作品として上映されたウディ・アレン
(Woody Allen)監督作品です。

ミッドナイト・イン・パリ

|

Cafe

気温は低いが、天気は最高に晴天でしたね・・・sun

こんな時にリラックスできるCafeにゆっくり・まったり
本日はしちゃいまいしたhappy01

緑地公園近くにあるお店に・・・cafe
Img_1526

キャラメル・ミルクティーと
Img_1519

あんバターのサンドを注文scissors
Img_1522

このあんバターサンドが最高に旨い・・・。
あんも熱々でサンドされていて、これだけでも
美味しいですが、生クリームもつけると更に。。good
Img_1524

ここで、ゆっくりゆっくりするのが、
かなりのリフレッシュになりますね・・・。

皆さんもないですか、ここに来ればリラックスできるなーって
とこ・・・sign02

こじんまりしたCafeはいいですね・・・・up

|

Favorites photo

久しぶりに写真の整理をしていたら、懐かしい写真が出てきたので、補正をしてみました。

ザ・ヴェネツィアって感じが撮りたかったので、船の上からcamera
Th_img_2

こちらは、リアルト橋からの風景写真です。
ホテルの目の前にあったので、夕暮れ時を狙った写真です。
Th_img_1

色相・彩度等を変える事で、写真が締まりますね。

過去の写真を、色々と補正をする事で違った風景に見えるので、これからもやってみようと考えてますscissorsカッシャshineshine

| | コメント (0)

Woody_Illustrator_Gradation mesh

以前、Photoshopで使用したWoodyをIllustratorで
Gradation meshにしてみました・・・・。

Large_2322720389

意外と時間がかかりましたね・・・。
人物は特に肌の感覚が難しいです・・・coldsweats01
Photo

選択するとメッシュがのラインがよくわかります。
20120212_185515

command+Yでアウトラインだけで表示。
20120212_185535

なんとなく、Gradation mesh の感が戻ってきました。

ソフトは触らないと、細かい所の作成が出来なくなりますからね・・・。

もっともっと極めたいですね・・・bleah

背景を少しコミックアート風にして見ました。
Photo


| | コメント (0)

Pet_Iguana

カメラを片手にブラブラと公園に・・・。

下を見ると冬の景色・・・。
枯れ葉の絨毯eye
Img_6224

上を見れば新緑の葉・・・。
対照的な景色でしたね・・・。
Img_6243

池にはカモが・・・
餌をもらいに、近くまで寄って来てくれます。
Img_6256


Img_6257

この時間に犬の散歩はよく見かけるのですが、
今日はなんと・・・・

こんなpetに遭遇しました・・・。
日光浴してましたね・・・sun


Iguana君たちでした。
Img_6261

飼い主さんがダウンJKの中から出してくるは・・・
数えたら9匹も・・・coldsweats01
Img_6263

もともと、熱帯の生き物なのでこの次期に
外には出さないのですが、今日は久しぶりの
外出だったそうです。
Img_6265

いやー、さすが生きた化石ですね・・・。
Img_6270


|

Mushroom cream pasta

本日はMushroom cream pastaを
作りました。

かなり薄い、平打ちのパスタです
茹で時間も早く出来ます。
1329303087012.jpg

1329303088608.jpg

1329303089496.jpg

1329303090451.jpg

続きを読む "Mushroom cream pasta"

| | コメント (0)

Sushi

今日は久しぶりに蔵寿司に・・・・。

Img_1489

炙りサーモンに始まり
Img_1491

閉めはいつも茶碗蒸しで・・・happy01
Img_1493


お腹いっぱい、食べました・・・・coldsweats02

蔵にくるとどうしても一気食いになってしまいますね・・・。

ゆっくり食べるには、カウンターの寿司屋にいかないとねsign01

|

Starry Night (interactive animation)

あの、ゴッホの名画がインタラクティブな
アニメーションで再現されました・・・。

『openFrameworks』はC++をベースにした
オープンソースのツールキットで、
特にインタラクティブなメディアアートの
制作に活用されています。
上はそれを使って制作された作品で、
ゴッホの名画“星月夜”(Starry Night)を
インタラクティブなアニメーションで
再現して見せるというものです。

約80,000個の粒子を独自の
アルゴリズムで移動させる仕組みで、
画像だけでなくMIDI音声もインタラク
ティブに反応するとのことです。。。coldsweats01

アルゴリズムはパソコンの仕組みを語る上での一番
大事なことなんですが・・・。

普通の方が聞いても、さっぱりわややですよね・・・coldsweats02

取り敢えず映像を見れば、どれだけ凄い
事なのかが分かりますよ・・・。

Starry Night (interactive animation) from Petros Vrellis on Vimeo.

Starrynight01640x353


Starrynight03640x359


Starrynight02640x355

続きを読む "Starry Night (interactive animation)"

|

iCloud Style

唐突ですが、MacのiConってデザインがイケてますよね・・・good

特にiCloudが出てからのアルミのiConがシンプルでいいです。

そんなiConを作成したいと考え、チャレンジしてみました。

Photoshopじゃないとあのアルミ感はでないですね。。。

実際のiCloud iConはこれです。
20120210_151802

如何にこれに近づくかですね。。。

まず、最初にW:1000px × H:1000pxのアートボードを作成。

そこに角丸長方形ツールを選択して、描画色を#b4b4b4で
塗りつぶします。
20120210_143904

レイヤーをラスタライズして
20120210_144554

レイヤースタイルのベベルとエンボス効果を適用。
20120210_145001


グラデーションオーバーレイを適応
20120210_145256

こんな感じに仕上がります。
20120210_145317

新規レイヤーを作成して、塗りつぶしをする。
描画色は#b4b4b4
20120210_145837

次に、ノイズを加えぼかし(放射状)を追加して
色調補正➡トーンカーブをダークよりにする。
20120210_150945

マスクを適用して型抜きをする。
20120210_150957

描画モードをオーバーレイにすると
⬇のようになる。
それらしくなってきましたね・・・happy01
20120210_151324

Illustratorで事前に作成して置いたCloudマークを
開き、ペーストする。
Icloud_icon


20120210_151843

Cloudも同様にグラデーションオーバーレイで
調整して色合いを整える。
ベベルとエンボスで位置を下にして・・・
20120210_151901

完成です。
20120210_152527


|

iPod shuffle_Illustrator_Gradation mesh

以前、Illustratorでグラデーション・メッシュの
練習をしていたんですが、久々にメッシュを使うと
感覚が鈍っていましたね・・・。

コンスタンスにしないと、それは忘れたり鈍りますよね・・・。


前は簡単な画像や絵にグラデーション・メッシュを
使用していたのですが、今回は少しレベルを上げて
これに挑戦しました。


iPod shuffleです・・・。(旧バージョン)delicious

Ipod_shuffle

ではでは早速・・・Illustratorを起動、
ファイル➡新規でアートボード作成。
今回はA4の横で作成しました。

まずはイヤホンにメッシュ
メッシュも長方形ツールから「グラデーションメッシュを
作成」
を選択して曲線に合わせて変形させていく、
地道な作業ですがこれをすることで通常のグラデーションより
細かくメッシュを入れる事が出来るんですhappy01

20120208_221852

イヤホンのTOPも同様に・・・。
長方形ツールでメッシュは行数・列数を
2×2で設定すると、田の格子が出来るのでそれをダイレクト
選択ツールで変形させていく。
20120208_221908

イヤホンの根元はペンツールでトレースして
線形のグラデーションを使用。
20120208_222033

コードは長方形にグラデーションメッシュを作成し
変形させる。
20120208_222123

イヤホンの穴は楕円形ツールでグラデーションを
使用。
影を意識してグラデーションを入れよ・・・。
20120208_222152

レイヤーパネルを見ると、こんなにも
レイヤーが増えます。
気の遠くなるような作業でしょう・・coldsweats02
レイヤー数も増えるので、グループ分けするといいですよsign01

20120208_222208

本体も長方形ツールでメッシュ作成して変形させる。
左側に光があたるのでそれも考え、メッシュを追加しよう。
20120209_130127

本体サイド部分も長方形ツールを変形させる。
直線と曲線があるのでうまくコーナーを合わせて
下絵に合わせましょう。
20120208_222439


20120208_222453

イヤホンジャックの穴もこんな感じで。。。
20120208_222519

ジョグダイヤルは楕円形ツールで変形させて
その上から長方形ツールでグラデーションメッシュを
作成し、変形させる。
少しテクニックが必要です・・・・sweat01

20120208_222542


20120208_222645

もう一つのイヤホンも・・・。
20120208_222726

ここまでくれば、略完成に近づいてきますよ・・。
20120208_222828

イヤホンメッシュ的な感じに、グラデーションと
透明度を少し加え・・・。
20120208_222846

20120209_213400

20120208_222918

後は、仕上げに影などを入れると更に
立体感が出てきます。
これで完成です。coldsweats01
それっぽく見えますか・・・・sign02

Ipad_nano_2

アウトラインで見るとこんな感じです・・・。
メッシュラインがよく分かります・・。
20120208_224739

疲れましたね・・・・bleah

でも、これどうやったらメッシュが作れるの・・・?
って思いますよね・・・・。


イヤホンの部分で説明すると、長方形ツールで
長方形を描く。
描画色は塗りも線も無しで・・・・。

20120208_230712

オブジェクト➡グラデーションメッシュを作成を選択。
20120208_230745

設定は以下の通り。
20120208_230804

こんな感じに格子が出来る。
20120208_230830

格子の角度をある程度調整しておくと
後が楽になります。
20120208_230920

ダイレクト選択ツールで一つ一つ
アンカーポイントを変形させていく。
20120208_230937


20120208_230956

地味な作業がこれで分かって頂けるかも・・・。
20120208_231006

後の箇所も地道に変形させていくんですが、
ここで回転ツールとか使えると、かなり
楽に作業出来ますよ・・・。
20120208_231049

こんな感じで回転・・・・。
20120208_231118

端も同じようにアンカーポイントを移動させ、
変形させる。
20120208_231148

下絵の曲線に合わせてラインをつけましょう。
20120208_231228

こんな感じです。
20120208_231304

後はメッシュツールでメッシュを増やし、
グラデーションが入れやすいように用意するんです。
20120208_231401

どうですか・・・・?

イヤホンだけでもこんなにメッシュを入れるんですよhappy02

チャレンジしてみて下さい・・・・。


|

Madonna performs during the halftime show

そう言えば、この間のNFLスーパーボール、めちゃくちゃ
面白かったですね。日本時間の深夜に放送していたんですが、
最後の最後まで目が離せない試合でしたね・・・・。

米プロフットボール、NFLの王者を決める第46回
スーパーボウルは5日、インディアナ州インディアナポリスの
ルーカスオイル・スタジアムで行われたですが、そこでの試合は
勿論なんですが、やはりスーパーボールと言えば・・・・

halftime showですよね・・・up
過去、King of Popマイケルや妹ジャネットでも話題になった
halftime showup

今回はQueen Of PopのMadonna performsですscissors
見ました・・・sign02
約12分間のshow timemovie

これを見る為に起きてましたからねhappy01


20120210_115209

20120210_115128


20120210_115232

僕がサイコーに盛り上がった所が、このperformsです。
slacklineのシーンはかなりヤバいperformsでした・・・。
立ってバランスをとるのも大変なのに・・・
飛んでますから・・・・coldsweats01

それと僕が注目eyeしたシーンはこのWTのadidasジャージを
着用したダンサーは相当なテクニックのあるダンサーでしたね。
競技場のスタンドをイメージしたセットでのperforms・・・。
足場の悪い状況ですが、あの早い動きは何回も見いいって
しまいましたね・・・happy02

向かって右側のダンサーの右足をクルクル回転させる
シーンは膝関節大丈夫なんって感じで・・・
渋すぎます・・・lovely
4分18秒位にそのシーンがあります。


20120210_115255

その映像をどうぞ
  ⬇⬇⬇
Madonna performs during the halftime show

|

carry out main -- a picture_Toy Story

Toy Storyのウッディを使ってのおもしろ画像を
制作・・。

元画像はこれです・・・。
Large_2322720389

写真の一部が飛び出していくような画像に挑戦。

Photoshopを開き、ウッディの画像を開きます。
背景レイヤーをダブルクリックしてレイヤー0に
変更する。

新規レイヤーを追加(レイヤー1)


20120207_220903


レイヤー1をレイヤー0の下に移動。
20120207_221056

レイヤー1を選択した状態で、レイヤースタイル・
ダイアログを開き、パターンオーバーレイを選択。

設定は以下の通りです。
パターンは▶をクリックしてパターン2を選択して
格子状のパターンを選択する。
20120207_221310

レイヤー1に塗りつぶしツールでBKに
塗りつぶす。
20120207_221624

レイヤー0を選択。
描画モードを乗算にする。
20120207_221829

そうすると⬇のように格子が
現れます。
Th__20120207_221817

長方形選択ツールで格子の升目にそって
選択していきます。
20120207_222616

こんな感じにできましたか・・・?
選択場所はどこでもいいです・・。

20120207_222528

選択したら、Mac(command+J)Win(control+J)で
複製をします。(レイヤー2)
20120207_222813

下のレイヤーを非表示にするとよく
分かります。
20120207_222822

レイヤー2も更に複製しましょう。
20120207_223303

レイヤー2のコピーを選択して、サイドに
移動させます。
20120207_223427

それにレイヤースタイルでベベルとエンボスに
チェックをいれ下記のような設定にする。
レイヤー2も同様にする。
20120207_223831


レイヤー2を選択してサムネイルレイヤーを
Mac(command+click)して選択状態にする。
20120207_224821


色相・彩度を選択して明度を暗くする。
20120207_224844

20120207_224837

レイヤーコピー2を選択して編集➡
変形➡自由に・・・を選択して傾き
を入れる。


20120207_225331

レイヤー2のコピー2を更に複製して、
フィルター➡ぼかし➡ぼかし(放射状)を
選択。
下記のように設定。

レイヤー2ものコピーも同様に設定。
放射状の量は20にする。
20120207_225923

ぼかしが終われば選択ツールでファイル
メニュー➡変形➡遠近法を選択して
⬇のように変形させる。

20120207_230826


続きを読む "carry out main -- a picture_Toy Story"

|

ShisoPasta

今日はランチにしそのパスタを作りました・・・。

しその葉から・・・。
Img_1466

細かくみじん切りして
Img_1470

パルメザンチーズにオリーブオイル・岩塩・ペッパー・ナッツを
入れて・・・。
Img_1476

パスタを絡めるだけ・・・・。
簡単でしょう・・・scissors
Img_1478

好みでガーリックなんか入れれば更に美味しいかも・・。

で、今日は頼んで置いた教材が届いたので中を
開けて確認・・・・。

入ってましたね。。。

iPod shuffle

Img_1464

これでまた勉強しまーすbleah

|

Good buttons make good neighbours.

01

ZocialはCSS3で作成されている42種類のソーシャルボタンのセット。
ボタンに表示されるアイコンはすべて同梱のシンボルフォントを
CSS3の@font-faceによって再現しているのが特徴です。

パッケージ内容はCSSファイルとWebフォントが4種類、
使い方はCSSとフォントを適当な場所に設置して下のように
マークアップすればいいようです。
(詳しくは同梱されているサンプルを参照のこと)

02


03


色なども最初から個別に定義されているのでクラス名に
“facebook”とか“twitter”と指定するだけ。なにより、
アイコンがベクターなので縮小拡大で品質が左右されない
ところが嬉しいところですね。

続きを読む "Good buttons make good neighbours."

|

History of the World: The Caveman

お間抜けな原始人をスケッチ風に描いたコミカルな
ショートアニメーション。
作者のYouTubeチャンネル『Pencilmation』には、
このような鉛筆画タッチのアニメーションが
たくさん公開されてるそうです。

The Caveman

こんなタッチの絵、大好きですね。。。

落書きチックなキャラクターがなんともいいですね・・・。

Hqdefault

簡単そうに見えて、難しいんでうよね・・・・。


Dvd_coversmall


|

stop watch

01


日常の何気ないスナップにちょこっと付け足して
面白い写真にする、というコンセプトで更新される
『stop:watch』はオランダのイラストレーター
Tineke Meirinkさんの個人ブログ。
写真をモチーフにイラストレーターっぽい感性が
光る興味深いプロジェクトです。

こんな感じに仕上がります。。。
02


07


08


09


10


11


12


22


21


29


30


33


34


35


36


37


38


普段のフォト撮影している時も、こんな事を考えて
撮影してる時もあるんですが、実際にアートとして作品に
しているのをみて、面白い・・・やってみたいと更に
思いましたね・・・。

|

sop

|

Illustrator_basic_Layer

Illustrator_basic第三弾・・・。

今日はLayerについてです。。。

20120203_142042

1.で関係ないレイヤーをロックしておくと、間違ってパスを
選択することもなくなるので、能率が上がります。

2.で関係ないレイヤーの表示を切っておくと、レイヤー単位で
パスを隠せるので画面が見やすくなります。特にパスが多い
レイヤーを隠すと画面の表示が速くなるので、ストレスが軽減
されます。また、[command]キー(Mac)/[Ctrl]キー(Win)を
押しながら切り替えると、そのレイヤーだけ画面表示
(プレビューかアウトラインか)を切り替えることができます。

パスを選択すると3.の部分に四角いマークが現れます。
これは選択したパスがどのレイヤーに含まれているかを示すものです。
複数のレイヤーにあるパスをまとめて選ぶと、マークが各レイヤーに
表示されます。

この四角を他のレイヤーにドラッグすると、選択していたパスが
そのレイヤーに移動します。レイヤーが変わるだけでパスの
位置はそのままです。
ドラッグするときに[option]キー(Mac)/[Alt]キー(Win)を
押していると、選択していたパスが別のレイヤーの全く同じ
位置に複製されます。

レイヤーは重なる事をいいますが、図形やペンツールや
文字等をキャンバスに描いた順に下から順に上へ新しい
レイヤーが重なっていきます。

勿論、順番を入れ替える事も簡単に出来ます。


2

レイヤー数を増やすとデメリットも出てきます。
それを解消する為にグループにまとめたりして
自分が使いやすいようにしましょう。

|

Red Aurora above the Southern Ocean

今年はオーロラの見れるチャンスが多いと言われて
いますね・・・。

映像や写真でオーロラは見た事あるんですが、
オーストラリア・メルボルン南部モーニントン半島から
撮影したという赤いオーロラのTime-Lapse(微速度撮影)ビデオが
配信されました。
撮影者のAlex Cherneyさんは撮影に2年以上の歳月を費やし、
やっとこの撮影に成功したとのこと。

Red Aurora Australis from Alex Cherney on

Vimeo.

Aurora16jan2012_nikon_flinders


Aurora22jan2012_nikon_flinders


Aurora22jan2012_startrails


Aurora22jan2012_startrails2

以前もタイムラプスの映像を紹介しましたけど、
タイムラプスの映像は幻想的でかなり綺麗ですよね。。。
地球は生きてるんだーと感じさせられますね・・・。
撮ってみたい

先週の世界不思議発見でもこのタイムラプスの映像が
紹介されてましたよ。

|

Illustrator_basic_Trace foundations

前回のペンツールの使い方は出来ましたでしょうか?

今回は、IKI氏のご要望でしたトレースをしまーす。

簡単なデザインをトレースしよう

ではトレースするのは、カエルの顔・・・。

トレースするのは、なんでも良いですよ・・・。

もし同じようにするのであれば、この⬇の
カエルのjpgを一度、保存しましょう。

20120202_192200

じゃあスタートしまーす・・・。
Illustratorを開きましょう。

ファイル➡新規で背景を作成。(A4横)

ここからトレースする絵を配置させます。

ファイル➡配置を選択。
20120202_191517


保存したデーターを探します。(カエルのjpg)
見つかれば、選択します。
通常、読み込み配置するだけでしたら、右下の
配置ボタンを押せば良いのですが・・・。
ここでは、まだ配置ボタンは押さないで下さい。。。。
20120202_192250


下方にデフォルト(初期設定)状態の時はリンクにしか
チェックされていないのですが、隣のテンプレートにも
チェックを入れましょう。
それでようやく配置ボタンを押します。
20120202_192238


この様に、少しトーンの薄いカエル絵が配置されます。
因にテンプレートにチェックを入れなければ、
通常の配色のまま配置されます。
20120202_192309

(配置する際について)
テンプレートにチェックを入れるメリット。

レイヤーパレットに自動でレイヤー1を作成して
くれます。
テンプレートレイヤーは50%の表示濃度が
デフォルトで表示されるので、トレースが
しやすくなる。
トレースする時にレイヤー1を使用するので、
作業効率がよくなる。
20120202_193445

では、ペンツールに持ち替え
トレースをしていきましょう。

トレースは出来るだけアンカーポイント数を
少なくすると早くトレースすることが出来ます。

僕がカエル輪郭にポイントする場所を
赤丸で印をつけました。
その中心をペンツールでクリックしていきます。
20120202_195145


最初は輪郭線にうまく合わせれないかも
しれませんが、全然OKです。
後で、アンカーポイント切り替えツールで
微調整していきます。(覚えてますか?)
Mac(option+ドラッグ)Win(alt+ドラッグ)で
アンカーポイント切り替えツールになります。

20120202_195207

こんな感じで・・・・⬇⬇⬇
20120202_195225

次は直線と次々にトレースしていきましょう。
20120202_195252


20120202_195322


20120202_195415

最後のポイントでクローズドパスになれば・・・。
20120202_195528

輪郭のトレース完成。
20120202_195619

後は、目と口をトレースしていきましょう。


20120202_210226

これで一応トレースは終了。
20120202_210424

この後は、線の太さを変えたりしましょう。

輪郭を選択ツールで選択しましょう。
20120202_210637

線幅を15Ptに設定すると⬇のように
なります。
20120202_210726

次に、shift+クリックで目を両方選択しましょう。

20120202_210914

塗りは今の状態では無しになっているので、
BKにしましょう。
20120202_210934

線カラーは無しにしましょう。
20120202_211002


20120202_211246

では、口です。
マウスでドラッグしながら口全部を
選択しましょう。

20120202_211316

線幅は5ptにして線端は真ん中の
丸形線端を選択。
すると線の端が角から丸に変わる。

20120202_211339


20120202_211650


20120202_211702

最後に輪郭と口の線カラーをBKに
変更すれば完成。

20120202_211900

IKI君、出来そうですか・・・sign02

曲線や直線・波線を練習すると、トレースが
面白く早く出来ますよ・・・・。

次は、レイヤーについてもUPしますので、
少々お待ちください・・・・。

因にCS5だと線幅がダイレクトに調整出来るので、
簡単ですよ・・・・。

輪郭の線も微妙に変えたり
20120202_212602

口もこんな感じに簡単に出来ます。
20120202_212610

後は、パスのオフセットを使用する方法も・・・。

輪郭線は1ptで、選択しておく。

20120203_180224

編集➡パス➡パスのオフセットを選択

20120203_180307

ダイアログ表示
設定以下の通り⬇⬇⬇
20120203_180332

そうすると内側に縮小された輪郭線が
作成される。
20120203_180342

両方の輪郭線を選択します。


20120203_180352

パスファインダーを選択
中マド選択します。

後は塗りをBKにすればOK。

20120203_180433

用途に応じて使い分けをしよう・・・。

|

Harry-Potter_Photoshop_text

Photoshop映画タイトルシリーズ第二弾
Harry-Potterを作成してみました・・・・。

背景はこのホグワーツ魔法魔術学校をBackgroundにタイトルを
作成。


Hogwartsonfireharrypotter1391197819

では、スタートです。

いつも通りに新規でtextのBackgroundを作成します。
今回のホグワーツ魔法魔術学校の背景サイズが
幅1900px高さ1200pxなので、それに合わせて
Backgroundを作成します。
背景をBKで塗りつぶします。。。
ここまでは大丈夫ですか・・・?

20120128_172459

テキストツールを選択して描画色は#ffffffのWTに設定。
フォントファミリーはHarry Pを選択。
こちらは事前に用意しておく。
20120128_172749

では続けましょう。
テキスト入力します。
Harry-Potter
20120128_172835

サイズを調整しましょう。


20120128_172932

テキストにレイヤースタイルを適用していきます。
レイヤーパレットのHarry・・・のレイヤーをダブル
クリックして、ベベルとエンボスにチェックを入れる。
設定は以下の通りです。
20120128_174619

光沢輪郭は円錐を選択
20120128_174626

円錐のBox内をクリックして輪郭エディターダイアログを
表示させる。

デフォルト時は下の図の通り
20120128_173943

左中央を右にドラッグして移動させる。
20120128_173957

⬇のようになればOK。
20120128_174128

次に輪郭にチェックを入れる。


20120128_175827

輪郭のエレメント範囲は45%に設定。

20120128_175835

テスクチャにチェックを入れ、「クリックでパターン
ピッカーを開く」をクリック。
パターンダイアログが表示されるで、▶をクリック
して岩を選択。大理石を選択する。


20120128_180506


20120128_180449

テスクチャ設定は以下の通り。

20120128_180553

⬇のようになりましたか・・・?
それらしくなってきましたね・・・wink
20120128_180612

レイヤースタイルでグラデーションオーバーレイに
チェック。

ダークカラーは#558c9c
20120128_181829

ライトカラーは#e7f5f8に設定。
20120128_181900


⬇のようになればOK。
20120128_182732

後はドロップシャドウにチェック

設定は以下の通り。
20120128_182845

⬇のようになりました・・・。

これでテキストは完成です。
20120128_182858

では背景にテキストをペーストしましょう。
こんな感じになりました・・・happy01
20120128_184131

どうでしたか・・・?
上手くできましたか・・・eye

こんな感じにも・・・・。

20120128_184802


20120128_184956

背景はHarry-Potterで検索したらでてくるよ。

|

Illustrator_basic

IKI氏、大変お待たせ致しましたcoldsweats01
Illustrator_basicを紹介しまーすup

IKI氏のご要望ともあり、基本のトレースを
するんですが、いきなりは難しいかもしれないので
トレースに必要なペンツールの使い方から練習しましょう。

20120130_134153

では最初に新規ドキュメントを作成し、 rベンツール」を選択します。
線パレットの線幅を「1」 mm、線端の形状を「バット漁場」にします。
カラーパネルの塗りは「なし」、緑は「K=100」 %にします。

20120130_134203

線のパレットが表示されていない場合は
ウィンドウ➡線を選択すればOKです。

塗りと線を把握しましょう。
デフォルト状態では塗りがWT
線がBKに設定されています。
今回は塗りはなしで線はBKに設定しましょう。
20120130_134046

1⃣ 画面上をクリックします。
2⃣ マウスポインタを目的の位置に移動し、
クリックすると、直線が描画されます。
3⃣ Mac(command+shift+A)
Win(control+shift+A)キーを押して選択を解除します。
20120130_142752

では、ペンツールでパスを表示させながら、
直線を描きましょう。

1⃣ 画面上をクリックします。 2⃣ マウスポインタを任意の位置へ移動し、
マウスボタンをプレスした後にスペース・キーを押し
ます。 3⃣ そのままドラッグすれば、パスを表示しながら
終点を移動できるようになります。 4⃣ 目的の位置へ移動し、
マウスボタンとスペース・キーをはなすと、直線が描画されます。
スペースキーはどれか分かります・・・・。
キーボードの一番下の段で一番細長いキーのことです。

出来ましたか・・・・?

20120130_143857

ペンツールで連続線を描きましょう。

1⃣ 画面上をクリックします。
2⃣ マウスポインタを目的の位置に移動し、クリックします。
3⃣  4⃣ 続けて、次の目的の位置に移動し、クリックしていきます。
描画を終了するための操作(選択を解除など)をするまでは
アンカーポイント間(セグメント)がつながりつづけます。

20120130_144515

ペンツールで水平・垂直・45度の線を描こう。

1⃣ 画面上をクリックします。
2⃣ マウスポインタを横方向の目的の位置に移動し、
shiftキーを押しながらクリックします。
これで始点と同じ高さのアンカーポイントが置かれました。
3⃣ 続いて、下方向の目的の位置に移動し、
shiftキーを押しながらクリックします。
これで横線に対して垂直なアンカーポイントが置かれました。
20120130_144917


4⃣ 右斜め上方向の目的の位置に移動し、
shiftキーを押しながらクリックします。
垂直線に対して45度のアンカーポイントが置かれました。
20120130_145245

描画の終えた線の端からパスを追加しよう。

描画を終えた線の端にベンツールを近づけます。
 1⃣ 追加できる線の端にくるとツール形状が変化するので、
そのままクリックします。ツール形状が変化したら、
パスが表示されて追加できる状態になりました。
2⃣ 目的の位置に移動しクリックします。

文章説明が難しいので、下の図を参考にして
練習して見て下さい。
20120130_145624

ペンツールで2本の直線を接続しよう。

接続した線の端にペンツールを近づけます。
1⃣ 線の端にくるとツール形状が変化しますので
そのままクリックします。
ツール形状がまた変化しパスが表示されて追加できる
状態になります。
大丈夫ですか・・・。うまく出来ましたか・・・?


20120130_150726


2⃣ もう一方の線の端にペンツールを近づけると
ツール形状が変化しますので、
そのままクリックすると、2本の線が接続されます。
20120130_151030


ペンツールで閉じた直線図形を描こう。


1⃣ 画面上をクリックします。
2⃣  3⃣  4⃣ マウスポインタを目的の位置に移動し、
クリックしていきます  5⃣  ペンツールを始点に近つけると
ツール形状が変化しますので、そのままクリックします。
20120130_151243

始点と終点が連結され、閉じた図形(クローズパス)となりました。

20120130_151429

描画されたパスには、開いたパス(オープンパス)と
閉じたパス(クローズパス)があります。
  ⬇⬇⬇
20120130_151604


直線は以上にして、今度は曲線を
ペンツールで描きましょう。

「ベンツール」を選択します。線パネルの線幅を1mm、
線端の形状をバット線端」にします。

20120130_152242

カラ-パネルの塗りは「なし」、線は「K=100」%にします。
1⃣  2⃣  画面上でマウスボタンをプレスし、上方向へドラッグします。
3⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします。


20120130_152430

4⃣  5⃣  マウスボタンを次の目的の位置に移動し、
マウスボタンをプレスしながら下方向にドラッグします。
6⃣  目的のサイズでマウスボタンをはなすと、曲線が描画されます。

2つのアンカーポイントでS字曲線を描こう。

20120130_152906

1⃣ 「ベンツール」で画面上をプレスし、上方向へドラッグします。
2⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします。
4⃣  5⃣ マウスポインターを次の目的の位置に移動し、
マウスボタンをプレスしながら上方向へドラッグします。
6⃣ 目的のサイズでマウスボタンをはなすと、 S字曲線が描画されます。


3つのアンカーポイントでS字曲線を描こう。

20120130_153236

1⃣  2⃣ 「ベンツール」で画面上をプレスし、上方向へドラッグします。
3⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします。
4⃣  5⃣ マウスポインタを次の目的の位置に移動し、マウスボタンを
プレスしながら下方向へドラッグします。
6⃣ 目的のサイズでマウスボタンをはなすと、曲線が描画されます。


20120130_153426

7⃣  8⃣ マウスポインタを次の目的の位置に移動し、
マウスボタンをプレスしながら上方向へドラッグします。
9⃣ 目的のサイズでマウスボタンをはなすと、 S字曲線が描画されます。

今までのところ上手く出来ましたか・・・?
これからが、更に大事になるので練習してみてください。

角で接続された2つの曲線を描こう。

20120130_153921

1⃣  2⃣ 「ベンツール」で画面上をプレスし、上方向へドラッグします。
3⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします。
4⃣  5⃣  マウスポインタを次の目的の位置に移動し、
マウスボタンをプレスしながら下方向へドラッグします。

20120130_154032

6⃣ 目的のサイズになったら、マウスボタンをはなさずに
Mac(option)Win(alt)キーを押します。
7⃣ 「アンカーポイントの切り換えツール」となるので、
方向線を上へ折り返すようにドラッグします。
8⃣ 目的の位置でマウスボタンとMac(option)Win(alt)キーを
はなしましょう。


20120130_154442

9⃣  10マウスポインタを次の目的の位置に移動し、
マウスボタンをプレスしながら下方向へドラッグします。
11目的のサイズでマウスボタンをはなします。

描画を終えた曲線の端に曲線を描こう。

20120130_154743

1⃣  2⃣  「ベンツール」で既存のパスの近くをプレスし、上方向へドラッグします。
3⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします。
4⃣ 既存のパスの端にペンツールを近づけると、ツール形状が変化します。
そのまま、Mac(option)Win(alt)キーを押すと、「アンカーポイントの
切り替えツール」となるので、続けてマウスボタンをプレスします。

20120130_155119

5⃣ 下方向へドラッグします(下へ引き出す方向線は表示されません)。
6⃣  目的のサイズでMac(option)Win(alt)キーとマウスボタンを
はなします。

では、今度は直線と曲線を練習しましょう。
これが出来ると、トレースがスムーズに
出来るようになるよ・・・。

ペンツールで直線から曲線を描こう。


20120130_155503

1⃣  画面上をクリックします。 2⃣  マウスポインタを目的の位置へ移動し、
マウスボタンをプレスした後にMac(option)Win(alt)キーを
押します。
アンカーポイントの切り換えツール」となり、方向線を
引き出せるようになります。
(ツール形状は変化しません)。 3⃣ そのまま、上方向へドラッグします。
4⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなしてから、
Mac(option)Win(alt)キーをはなします。


20120130_155736

5⃣  6⃣  マウスポインタを次の目的の位置に移動し、
下方向へドラッグします。 7⃣ 目的のサイズでマウスボタンをは
なします。

できました・・・?

では次は逆のことをやりましょう。

曲線から直線を描こう。


20120130_155943

1⃣  2⃣ 「ベンツール」で画面上をプレスし、上方向へドラッグします。
3⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします 。
 4⃣  5⃣  マウスポインタを次の目的の位置に移動し、マウスボタンを
プレスしながら下方向へドラッグします。
6⃣ 目的のサイズでマウスボタンをはなします。


20120130_160140

7⃣  Mac(option)Win(alt)キーを押しながら、マウスポインターを
2点目のアンカーポイントへ近づけると、ツール形状
が「アンカーポイントの切り換えツール」に変化します。
そのまま、アンカーポイントをクリックすると、
下向きの方向線がなくなります。 8⃣ 目的の位置へ移動し、
マウスボタンをクリックします。

ペンツールで閉じた曲線図形を描こう。


20120130_160433


1⃣  2⃣ 画面上でマウスボタンをプレスし、上方向へドラッグします。
3⃣ 目的の位置でマウスボタンをはなします。
4⃣  5⃣  マウスポインタを次の目的の位置に移動し、マウスボタンを
プレスしながら下方向へドラッグします。
6⃣ 目的のサイズでマウスボタンをはなします。

20120130_160546


7⃣ ペンツールを始点に近づけるとツール形状が変化しますので、そのまま、
マウスボタンをプレスします。
8⃣ 上方向へドラッグします。 9⃣ 目的のサイズでマウスボタンをはなします。


以上がペンツールの基本的な使い方です。

後、おすすめのムービーがあるので
復習のつもりで見て下さい。

ペンツール

IKI君は海の絵をよく描いているので、
イルカとかのトレースも参考になればと・・・。
イルカトレース

何度か練習しないと、スムーズに描くことや
ショートカットキーを使いこなす事が出来ないけど、
やってるうちに、感覚で覚えてしまうので、とりあえず
練習あるのみです。。。。

IKI君、これで大丈夫ですかね・・・?


慣れてくると、こんな感じでトレース出来るよ・・・。

トレースしたthree birdsです。
色目は取り敢えずのカラーにしています。
1

実物のthree birds

20120202_140623

トレースしたthree birdsベジェ曲線です。
ペンツールだけでこんな感じに仕上がります。

20120201_185143


また、分からなかったら連絡ください・・・・。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »