« Christmas Eve | トップページ | Japan is all in »

Illustrator 3D text which reflection FP

今回はIllustratorのソフトを使用しての3D textを制作しまーす。

GOLDのtextをカラーもゴールドにして下に写る文字も制作。

出来上がりは、こんな感じでーす。

20111219_225734


ではでは、いつも通りに進めて参りまーす。

Illustratorを開きます。今回は使用したソフトは(Illustrator CS5)です。
CS4でも OKです。

20111219_195125

上部のメニュー・バー➡ファイル➡新規を選択
20111219_195204

用紙サイズは、今回は特別決めていないので取りあえず、A4サイズの横で選択

20111219_195241

この画面になりましたか・・・・?
20111219_195311

次に、左側にあるツール・バーからTと書かれた文字ツールを選択


20111219_195331

文字の種類は何でもいいです。
英文字であって分かりやすければOKです。

20111219_195357

僕は今回この設定でいきます。(上部メニュー・バーの下に表記されている)
20111219_195427

では文字を入力しましょう。
文字入力はGOLDと今回は入力
20111219_195727

文字サイズが小さいので、見やすく大きくしましょう。
左のツール・バーから選択ツールをクリック
20111219_195732

文字を選択
文字が四角く囲まれるので、コーナのどこでもいいので
一カ所をshiftキーを押しながら選択ツールでドラッグして
大きくしましょう。
20111219_195754

出来ましたか・・・・!!

では次に、左のツール・バーから長方形ツールを選択

20111219_201050

任意の場所で□を制作しましょう。
正方形にするので、shift+ドラッグで適当な大きさの
正方形を制作。

20111219_201136

大丈夫ですか・・・・。上手く正方形が出来ましたか・・・?

右側のスウォッチパネルから下記のオプションバーを
クリックする


スウォッチパネル
20111219_201158

この▼をクリックする
20111219_201230

スウォッチライブラリーを開くを選択
20111219_201241

グラデーションをクリック
20111219_201258

メタルを選択
20111219_201312

メタルのスウォッチパネルが表示される

20111219_201510

メタル・スウォッチパネルの左側ゴールドを選択
すると正方形の塗りがゴールドに変わる。
20111219_202238

スウォッチパネルの下側に新規カラーグループのタブが
あるのでクリックする。


20111219_202245

新規カラーグループのダイアログが表示されます。
名前は今回そのままでいいのでOKを選択。
20111219_202305

そうすると、スウォッチパネルに登録される。
20111219_202322

こんな感じです。
20111219_202336

では、次に行きましょう。
正方形のゴールドはもういらないので、
deleteキーで削除しましょう。
そして、選択ツールでGOLDのテキスト文字を選択します。
20111219_202408

先ほど追加した新規カラーグループの左から
2番目のからを選択する
マウスをそのカラーの上に置くとこのように表示されます。
(C=20 M=20 Y=94 K=0)と・・・・。そのカラーを選択して
下さい。
20111219_202336_2

そうすると、テキストカラーが選んだカラーに変わります。
20111219_202421

そしたら、左のツール・バーからリフレクトツールを
選択する。
デフォルトの状態では回転ツールになっていますので、
20111220_185952

そこを長押しすると、リフレクトツールが出てきます。

20111219_203005

この時、テキストGOLDが選択されている状態にしておく
そして、リフレクトツールをダブル・クリックする。
するとダイアログが表示される。

20111219_203052

水平にチェックを入れコピーボタンをクリックすると
GOLDのテキストの下に反転された GOLDのテキストが
コピーされる。

20111219_203148

選択ツールで反転コピーされたGOLDのテキストを選択する。
右側のツールに透明ツールがあるので選択する。

このマークが透明ツールです。
20111219_203256

パネルが表示されるので、右上の不透明度を100%から50%以下に
スライダーを左に動かし、不透明にしていく。
20111219_203304

すると、反転コピーしたGOLDのテキストが薄くなる。
20111219_203728

次に、選択ツールでもいいんでテキスト全部を
all選択する。
ショートカット・キー
Mac(command+A)Win(control+A)
上部のメニュー・バー➡効果➡3D➡押し出しベベルを選択
20111219_203745

ダイアログが表示される。
ダイアログの一番上にある、位置横にある▼をクリックして
前面を選択する。
20111219_203808

前面
3Dが表示されている画面の横に
赤・緑・青の回転した矢印があります。
その一番上の赤の回転軸矢印
X軸を中心とした回転角度を調整の欄に
-10と入力する。
押し出しベベルの欄にフタと書いている所の
側面を閉じて立体にするを選択する。

拡張は元のオブジェクトの外側にベベルを形成にする。
20111219_203812

ベベル欄の▼をクリックして標準を選択する。
20111219_203844
ダイアログの右側にある詳細オプションを
クリックすると基本オプションが下に表示される。
後は、下のように設定をする。
環境光:0%

20111219_203913

新規ハイライトのボタンをクリック
ハイライトが表示されたら、マウスで
ドラッグして右下に移動させる。
20111220_211631

下記のように、照度34%・ブレンド階調256%にして
OKをクリック
20111219_203924


テキストをall選択して、メニュー・バーのオブジェクト➡
アピアランスの分割を選択。

右側のツール・バーからダイレクト選択ツールを選択


20111219_224529

GOLDの前面をクリックする
メニュー・バー➡選択➡共通➡カラー(塗り)を選択
20111219_224634


20111219_224644

スウォッチパネルのメタルから一番左のゴールドを
選択する。

20111219_201510

ツールパネルのグラデーション・ツールを選択。


GOLDの左から右にドラッグする。
20111219_225050

するとこんな感じでGOLDの文字がゴールドで
グラデーションされる。
上の画像と下の画像のグラデーションの入り方が
違うのが分かりますか・・・。
20111219_225106

上の画像は一文字一文字、単体でグラデーションが
入っていますが、下の画像はGOLD全体を一つとして
グラデーションが入っています。

では次に、ツール・バーから長方形ツールを選択。
反転テキストを長方形で覆います。


20111219_225524

グラデーションをWT➡BKのグラデーションにしましょう。


20111219_225532

左端の赤丸した箇所の色をWTに変えるので、
ダブルクリックをする
20111221_05123

そうするとカラーパネルが出てくる
そこからWTを選択すると左端の色がWTに変わる
20111219_225543


次に青丸で囲まれた3つはいらないので、一つずつ選択して
下の方にドラッグすると削除される。

20111221_05230

最後の右端のカラーはBKに変えるのでダブルクリックして
カラーパネルを出してBKを選択する。


20111221_05252

20111219_225608

こんな感じになりましたか・・・。
20111219_225626

選択ツールで長方形と反転テキストの両方を選択。

20111219_225642

左のツール・バーから透明を選択して

パネル左上の▼をクリックして
20111219_201230

不透明マスクを作成を選択

20111219_225648

こんな感じになります。
20111219_225659

後は、反転テキストを選択して少し縮小させる。

20111219_225726

これで完成です。

20111219_225734


いかがでしたか・・・。

うまく出来ましたか・・・?

説明しにくい箇所もありますが、ご了承下さい。

次回も、お楽しみに・・・・。

|

« Christmas Eve | トップページ | Japan is all in »

T@K@ Photoshop&Illustrator」カテゴリの記事