« K-POPブームはまだまだ・・・ | トップページ | U-22 »

映画ハシゴ

久しぶりに、映画をハシゴしてきました。
早く、見たかったロサンゼルス決戦とジェーム・キャメロン
監督のサンクタムを贅沢に鑑賞。
Bla_wallpapers_traffic_1024
ロサンゼルス決戦は、東北震災の影響で公開が延期されていた映画。
一時期は日本では公開しないかもと思っていたのですが、
ようやく公開に・・・。

内容もさることながら、映像が2Dでしたが3Dに負けず劣らすの
迫力のある映画でした。
2曹軍曹が退役を志願したが、運悪く空から流星群・・・かと思いきや
未確認の物体がロサンゼルスを襲来。
退役が延ばされ、戦場へと赴き逃遅れた市民を助けに行く部隊に
配属。部隊の運命と地球の運命・・・・そして部隊を託された
軍曹の思いが、この映画の見所ですかね・・・。
かなり良かったですね。


もう一つは、ジェームス・キャメロン監督のサンクタムは3Dで、
これまた映像に引き込まれるような感じがある、3Dでしたね。
あの洞窟の奥に何があるのか・・・・?
男のロマン(冒険心)と親子関係や人と人との心の葛藤を描いた
考えさせられる映画でした。
自分があの状況だったら、同判断するか・・・・?
考えさせられるシーンが随所にありましたね。


O0800060011062120525

どちらも、生と死を表現した映画ですが、地球という
惑星がすばらしと言う表現にも感じました。

たまたま昨日、NHKの番組で地球の渚を世界初のハイビジョン放送で
探査衛生から地球を見た映像を生放送でみて、ヤバい地球って他の惑星
より凄いんだと言う事が、改めて気づかされましたね。
宇宙から見た地球の夜景や流れ星・オーロラ・雷にスプライト
スプライトといっても飲み物ではないですよ。
雷は地上から見たら落雷と言うくらい、上から下に
落ちますよね・・・。
スプライトは逆に雲から大気の層に向かって放射される枝分かれ
したような帯状の光。
下の写真がそうです。
これをNHKが世界で初めてデスよ。撮影に成功したんです。
20080523_2235537_2
よく、月面着陸の映像とかテレビで見ていたけど、自分が生きてる間に
生でその放送が見れる事が、めちゃくちゃ嬉しかったですねgood
宇宙に行く事は、到底無理なので、大画面でその光景を見るときに
電気真っ暗で見ちゃいましたhappy01
宇宙空間を味わった気分になりました・・・smile
雷も上から見たとき、いろんなところで光の点滅の様に
光っていましたね。
幻想的でした。
いやー、映画の話からそれちゃいましたが、地球を題材にした映画がこれからも
続くことが、人類にとって何が大切かとかを考えさせるにはいいのかもしれませんね。

なんか真面目なコメントになっちゃいましたけど・・・・。
映画で学ぶ事も沢山有るんです。
皆さんも、時間が許す限り映画いっぱい見て下さい。
僕は一日見ても映画は飽きないですね・・・・。

|

« K-POPブームはまだまだ・・・ | トップページ | U-22 »

映画・テレビ」カテゴリの記事