« 京都♪大原♪三千院♪・・・ | トップページ | カメラ片手に・・・ »

最新作

あの300スリー・ハンドレッドの監督最新作が来年公開

300スリー・ハンドレッド観ました・・・?

観てない方は是非見て下さい。

300スリー・ハンドレッドは男・男した映画ですねcoldsweats01

で、今回はその逆ですsign03

でも、映像は予告を見てもかなり面白い映画ですmovie

とりあえず予告観てやって下さい・・・。

キル・ビルやチャーリーズ・エンジェルを超える映画化も・・・。

Ba0068e2

HP参照

ザック・スナイダー監督(↑左)の新作タイトルは「サッカー・パンチ」(原題)。意味は不意打ち。時代背景は1950年代。主人公は義理の父親によって精神病院に閉じ込められている一人の少女、ベイビー・ドール。彼女は父親によってロボトミー手術を受けさせられようとしていた。辛い現実から逃避するため、彼女はもう一つの世界を想像してそこに逃げ込む。彼女はその世界で脱出計画を練り始め、脱出するのに必要な5つの物を集める旅に出かける。

出演者は
アマンダ・セイフライド(「ミーン・ガールズ」「マンマ・ミーア!」)
ヴァネッサ・ハジェンズ(「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ)
アビー・コーニッシュ(「プロヴァンスの贈りもの」)
エヴァン・レイチェル・ウッド(「アクロス・ザ・ユニバース」「ダイアナの選択」)
エマ・ストーン(「スーパー・バッド」でおっぱい殴られていた人)

2

主演のベイビー・ドールを演じるのはアマンダ・セイフライドですが、まだ交渉段階のようです。他の出演者も病院の患者を演じ、彼女と一緒に別の世界で旅をする仲間となるようです。

ザック・スナイダー監督と共同脚本のSteve Shibuyaいわく、この若手女優が揃ったガーリー・ムービーは「『不思議の国のアリス』+マシンガン」との事で、映画はR指定(17歳以下は保護者の同伴が必要)で公開される予定です。さらに「出演者全員が男の映画は『300』でやったからね。今度は正反対の映画をやるんだ」と語る監督。「サッカー・パンチ」(原題)は予算1億ドル近い大作映画として製作されるようですが、予算の殆どはポスト・プロダクション時のVFXに使われるのかもしれません。

早く日本公開してほしいですhappy02

|

« 京都♪大原♪三千院♪・・・ | トップページ | カメラ片手に・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事