« ベルギー・オランダの旅 | トップページ | 弘法大師(空海) »

バイオ・ハザードⅣ アフターライフ

昨日はTOHOシネマズ映画の日と

言う事も有り、ゲームでも有名な

バイオ・ハザードⅣ(アウフターライフ)3Dを

観て参りましたhappy01

Re2_wallpaper1920x1080

新たな物語のスタート場所が、

東京渋谷駅前のスクランブル交差点から

始まり、世界の終焉が東京からと言うのが

やっぱり日本の中心は東京かぁ・・・confidentと、

叫びたくなりましたsad

Photo

シリーズⅠから観ていますが、アクションシーンは

勿論、映像の撮り方が半端無くヤバイannoy

マトリックスのVFX(ヴィジュアル・エフェクトの略)の

時くらいに驚いた感じが、今回の映画を観て

よみがえってきましたlovely

最近だと、ウォンテッド(アンジェリーナ・ジョリー)で

観た銃弾の刻印が鮮明に見えるシーンや、

マトリックスでキアヌ・リーブスが演じたネオが

銃弾をかわすシーンとが合わさってる映像が

今回は、2Dではなく3Dで観れるのが、

本当にヤバイsign03

Photo_4

ミラジョヴォビィッチの背中に背負ってる銃

映画マッドマックスで主人公のメルギブソンが

使用していた散弾銃をコンパクトにしたような、

狩猟用に使用されている、水平2連式ショットガンの

バレルとストックをカットしたもので、

実は僕このモデルガンを持っていますcoldsweats01

(中学時代にモデルガンや空気銃が流行った頃が、

懐かしい・・・。)

バイオハザードでは、銃弾の代わりに意外な物を

使用しています。

      映画マッドマックス

        ↓↓↓

Madmax24

Madmax2

このサングラスを掘り投げるシーンも

ミッションインポッシブル2を彷彿させるシーンですeye

Photo_2

海外ドラマ(プリズンブレイク)でおなじみの

ウェントワースミラーも今回登場sign03

Photo_3

プリズンブレイク(マイケル・スコフィールド)の

イメージが大きいので、今回はどんな感じで登場

するかが楽しみでした。

最初の登場はやはり独房か・・・?

このバイオハザードは1時間37分とそんなに長く

ないので、アッと言う間にエンディングを迎えます。

ただ、冒頭にも言ったのですが、3D映像の迫力が

アバター以上に凄い・・・。

それもこのSONYが開発したF35と言うデジタルシネマ

カメラで撮影されたからです。

Img_001

3Dにも4パターンあり

1.リアル・ステレオ3D
2.2Dコンバージョン3D
3.普通の3D
4.アニメ3D

1.リアル・ステレオ3D

これは何かと言うと

本物のステレオ3Dという意味

3Dの中の一番高級品です。

最近で、唯一のリアル・ステレオ3Dは「アバターと

バイオ・ハザード4」です。

2.2D→コンバージョン→3D

次回公開するハリーポッターシリーズのIMAX3Dで、

それは全部コンバージョン3D。

コンバージョンは元々普通の撮影映画2Dで撮影し、

パソコンで画像を切り出し、前の物「キャラクターなど」を

背景から少し距離を離して3D効果にする事が、

2D→コンバージョン→3Dの意味です。

最近の映画ではアリス・イン・ワンダーランドが全て

2Dからのコンバージョン3Dです。

Filename2a3diso2022jp2727251b2524b2

これからはスターウォーズやロードオブザリング

美女と野獣などが、3Dコンバージョンになるみたい。

スターウォーズ

Starwarscompletesagaposterstarwars4 

ロード・オブ・ザ・リング

187968_1020_a

美女と野獣

Beauty_and_the_beast_ver1

3.普通の3D

説明しづらいのですが、安っぽい3Dです。

ただ2つのカメラを使用して、3D映画にすると言う

目には良くない3Dです。

4.アニメ3D

DISNEYやDreaamWorksが出している映画で、

カメラで撮る3Dとは違うので、いくらでも3Dの調整が

出来る。

ただ、アニメ3Dと実写映画は違います。

アバターも70%くらいはCGアニメです。

以上が、3Dの種類になりまーす。

分かったかな・・・sign02

せっかく特別料金を出して行くのであればリアル・ステレオ

3Dを観に行きましょうup

長々と、説明いたしました。happy02

まぁ、それだけ今回のバイオハザードが

凄いと言う事です。

戦闘シーンで斧が飛んでくる場面で、思わず

避けてしまうかも・・・(あると思います)coldsweats01

SONYの技術は映画業界に革新をもたらしたに

違いないですね。

そのSONYは一般デジタル・ハンディカムでも

今回凄いカメラを出しましたね

それが、NEX-VG10

Nexvg10

Nexvg10_018

Nexvg10_019

Nexvg10_020

今まで出ているハンディカムより、手持ちサイズとしては

やや大きいですが、通常のハンディカムと違う点は、

イメージセンサーの大きさが格段に変わり、

APS-Cサイズなので光の取り込み具合が更に

良く、綺麗な動画撮影が可能になった。

後、一眼レフカメラと同じ様に背景のボケ味が簡単に

つくれるのが大きな魅力sign03

実際に撮影してみて、プロ使用に近いカメラでした。

でもこの大きさで、映画のような撮影が出来るカメラ

なので、僕としては凄く欲しいカメラでも有ります。

(映画撮るわけでもないのですが・・・・。)

これからは、こんなカメラが普及してくるかもね・・・。

次回は、トムクルーズとキャメロンディアスの映画

ナイト&デイを観に行こうかな・・・bleah

それでは本日はここまで・・・paper

|

« ベルギー・オランダの旅 | トップページ | 弘法大師(空海) »

映画・テレビ」カテゴリの記事